NEW KOMEITO

濱村進 SUSUMU HAMAMURA 衆議院議員 公明党青年委員会副委員長・関西青年会議副議長


活動報告

日本再建へ向け、いよいよ、明日、出陣!

2012年 12月 03日

10/25に公認をいただいて以降、1ヶ月あまり、兵庫県下を全力で走り抜いて参りました。
ここまでやってこれたのも、すべて、声援を送ってくださった支援者のみなさまのお陰です。
本当にありがとうございました。

公職選挙法の規定により、本日から投票日まで、
blogやfacebook、twitterなどの書き込みができませんが、
最後の最後まで、私自身が先頭となり、身を投げ打って、戦い抜いて参ります。
どうか、よろしくお願いいたします。

街頭演説や、企業訪問、また、挨拶回りなど、様々な場所で公明党の政策を
訴えさせていただきました。機会を設けてくださった方々には、感謝の思いでいっぱいです。
大変に、ありがとうございました。

私自身は、公明党の政権公約とともに、
1.成長戦略による経済再建
2.若者世代の声を国政に届けるための選挙制度の見直し
3.ラグビーワールドカップ2019年日本開催で東北震災復興
について、訴えさせていただきました。

今、喫緊の課題である景気回復と経済再建については、
「防災・減災ニューディール」といった公共投資や
新たな成長産業分野である「エネルギー、医療・健康、農林水産業、観光、文化」を通して、
あるいは、中小企業におけるイノベーション創出支援の枠組み作りなどを訴えました。
公共投資や新成長産業分野を通して、500万人の雇用を創出して参ります。

また、「18歳選挙権導入」や「世代別選挙区制度」を検討しながら
若者世代の声を国政に反映しやすいように選挙制度の仕組みから見直すことも
訴えさせていただきました。

さらに、2019年に日本で開催される、ラグビーW杯の試合を
兵庫県神戸市にも誘致するのは、もちろんのこと、
東日本大震災で甚大な被害にあった、岩手県の釜石で1試合でもできないか、
訴えさせていただきました。
様々な環境整備を通して、東北の震災復興にお役に立って参りたいと思います。

とはいえ、東北においては、まだまだ、生活がままならない状況ではあります。
生活に必要なものは、政治で提供できるよう、全力を尽くします。
その上で、ラグビーを通して、東北のみなさまに”希望”を持っていただけるよう、
取り組んで参りたいと思います。

日本再建へ向け、”日本の柱・公明党”が責任を持って、取り組んで参ります!

どうか、みなさまのお力で、近畿にて4議席死守させてください!
どうか、勝たせてください!!

2012年12月3日 濱村 進

▲ページトップへ