NEW KOMEITO

濱村進 SUSUMU HAMAMURA 衆議院議員 公明党青年委員会副委員長・関西青年会議副議長


活動報告

NHK堀アナウンサー退職に思うこと

2013年 03月 27日

今日は、あまり仕事に直接、関係しないけども重要なことについて
触れておきたいと思いました。

NHKの堀アナウンサーという方が、退職されます。

理由は、ご自身の報道したいスタンスとNHKのスタンスが違い、
ご自身で伝えたいことがNHKでは伝えられない、と実感したからだ
と思います。

私自身は、総務委員会の委員として、NHKの職員の方ともお話ししますが
みなさん、”思い”を持ってらっしゃる方ばかりです。

NHKの組織上の問題点について、言及したいというわけではありません。

堀アナの思いが、伝わる日本であることが大事、と思うのであります。

最初は、理想ばかり言って、あっさり辞めたのかと思いましたが
決してそうではなくて、熱い思いを持って、粘り強くやってきたが
社会的に不利になる前にお辞めになった、という状況かと思います。

お辞めになったことが正しいか、正しくないかは、今は判断できません。
しかしながら、ピュアに自分の思いを通そうとする姿は、忘れてはならない
非常に大事な姿勢を教えていただいた気がしております。

私自身も、なかなか伝えきれずに力不足で悔しい思いをすることがありますが
粘り強く、カタツムリの速度であっても、自分の思いを伝え、
反映させよう、と日々、努力しているところであります。

いずれにしても、マスコミのあり方には、憤りを感じる部分がありますが
公共放送と民放では少し毛色が違うので、また、改めて書き残しておこうかと
思っております。

堀さん、がんばれ!
私もがんばります!

▲ページトップへ