5月21日 内閣・総務連合審査会

本日、「独立行政法人通則法の一部を改正する法律案」について質問させて頂きました。

この改正案は、独立行政法人が、制度導入の本来の趣旨に則り、国民に対する説明責任を果たしつつ、政策実施機能を最大限発揮できるよう、法人運営の基本となる共通制度について見直しを行うものです。

具体的には、各独立行政法人が担う業務を踏まえた法人の分類や、PDCAサイクルの強化、法人の内外から業務運営を改善する仕組みの導入などが行われます。

質問では、独法の経営努力が運営費交付金の算定にどのように反映されるのかなど、主に運用上の課題について確認しております。

動画配信まで少しお待ちください。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です